トップへ

ランキングへ

素敵に関するまとめ

ランウェイにメディアに引っ張りだこの売れっ子モデルといえばこの人。ジジハディットの秋冬コーデに迫る!

今「トップモデル」の中でもトップに君臨すると言われているのがジジハディット。 いわば現代のスーパーモデルです。 ジジハディットはアメリカ出身のモデルさん。 お母さんもモデルで、妹も弟もモデルという芸能人一家。 お父さんお母さんから受け継いだ見事なスタイルは見る人たちを魅了します。 とにかく足が長い! とにかく顔が小さい! とにかくウエストが細い! でも細すぎなくって健康的な体をしている・・・というのがまさに魅力的で、今の時代を反映するイットガールなわけです。 ジジハディットといえば最近注目されているのが妹のベラハディット。 2人はとても仲良しなようで、たまにお互いのことをSNSにアップしたりしています。 仲良しというところも好印象ですよね。 ジジハディットは私服の評価も高いモデルさんです。 ファッションセンスがよくて、ジジの私服を真似する人もたくさんいるんだとか。 そんなジジハディットの秋冬ファッションが気になりますよね!?

  • by Litaly 編集部
  • 438

ドキドキワクワクが止まらない!「X'masは何をしてくれるんだろう?」❤︎彼にしてほしいサプライズウィッシュ!

この季節になると頭をよぎるのがクリスマス。 頭をよぎるのも当たり前。 だって街中は一面クリスマスモードになり始めますもんね。 スーパーに行ったって、流れているのはクリスマスソングです。 彼氏がいない人にとっては憂鬱なシーズンかもしれませんが・・ 彼氏がいる人、好きな人がいる人、旦那様がいる人、それぞれ違ったクリスマスかもしれませんね。 そしてパートナーがいる人は、相手がどんなことをしてくれるのかワクワクする頃でもあると思います。 ※相手がサプライズとかしてくれる相手だったらの話・・・ですが。 彼がサプライズしてくれるにしろ、してくれないにしろ・・・ 相手がいるにしろいないにしろ・・・ みなさん一度は「こんなサプライズしてほしいなー」なんて夢みたことがあるのではないでしょうか。 そこで今回は女性が男性にしてもらったら嬉しいサプライズをまとめました。 この記事をこっそり見ているフリをしながら、彼が見てくれたらいいんですけどw

  • by Litaly 編集部
  • 210

冬のショートヘアは何色で攻める?ダークトーン×シンプルでもいいけど…少しの遊び心を添えるとあなたの冬は華やかに!?

冬のショートカットが可愛いんです!という話をしました。 なぜならハイネックニットやモヘアニット、マフラーなど冬らしいアイテムとのギャップとリンクがいい感じに可愛らしさを演出してくれるからなのですが。 いざショートカットにしよう!と思っても、今現在の髪色で似合うのかどうかも多少疑問ですよね。 ないしはショートカットにしてみたものの、しっくりきていない気がする。 長いことショートカットにしているけど、イマイチピンと来ていない、飽きてきたなどなど、様々な悩みもあることかと思います。 それってひょっとすると髪色の問題かもしれませんね。 髪色を変えてみると、イメージもガラッと変わる可能性も有ります。 でも冬の髪色っていうとどうしてもダークトーンをイメージしてしまいますよね。 だから単純にダークトーンにする人も少なからず。 ちょっと待って、冬だからって暗ければいい!というわけではありません。 ただ単純なカラーリングにするのではなく、少しこだわりを投入するくらいがお洒落さんっぽくてかっこいいです! というわけで、冬に似合うショートカットのカラーアレンジをまとめてみました!

  • by Litaly 編集部
  • 248

「飾らない」がテーマのこの冬はジョガーパンツで脱力系スタイルを。カジュアルだけじゃない着こなし方法を身につけて♩

モデルさんたちがよく履いているのを見るジョガーパンツ。 なんでモデルさんってジョガーパンツが好きなんでしょう? そもそもジョガーパンツってなんなのか。 なんとなく皆さんもご存知かとは思いますが・・・ シルエットが特徴的ですよね。 裾にリブがついたテーパードパンツのことを一般的にジョガーパンツと言います。 ジョガーという名前から、ジョギングの時に履くパンツだと思われがちですが、 実はこのジョガーというのは、スニーカーを見せるためのパンツだということなんです。 面白いですよね。 そんなジョガーパンツに惚れているモデルさんたちが多いのは、とにかくはき心地が良いから。 見た目よりもはき心地でしょうね。 でもそれをいかにお洒落に履きこなすか、というのを研究するわけです。 特に旅に出る時なんかは、飛行機の中などでもかなり心地よく過ごすことができるジョガーパンツ。 カジュアルなアイテムだけど、カジュアルじゃない合わせ方もあります!! どんなアイテムに合わせればカジュアル過ぎずに済むのか、見ていきましょう!

  • by Litaly 編集部
  • 243

この秋冬持っていなきゃ遅れてる!?グレンチェックのアイテムでマニッシュな一面をのぞかせたコーデを

最近よくみるこのチェック柄。 この秋冬のトレンドなんだそうです。 なんていうチェックか、ご存知ですか? このチェック、グレンチェックと言われています。 グレンチェックというのは、千鳥格子とヘアラインチェックなどの細かい格子を組み合わせている生地でできたチェックのこと。 グレーが多いので「グレーチェック」からきているのかと思いきや、グレーだけではないようですね。 でもそんなグレンチェックの中でも今年はグレー系やグレーベージュ系が人気なんだそう。 スカートでもグレンチェックにするとどこかマニッシュさがプラスされたようになります。 少し大人っぽくハンサムにコーデしたい時にはこのグレンチェックを投入するのはおすすめ。 ハンサムになりすぎないというのもおすすめする理由の一つです。 グレンチェックならシンプルなものならなんでも合わせやすいのですが、 ジャケットやコートなど、どんなアイテムに合わせればいいのかちょっと気になりますよね。 というわけで今回はグレンチェックアイテムのコーデをまとめました!

  • by Litaly 編集部
  • 177

右見ても左見てもシンプルなファッションだらけじゃない?だったらあなたがカラフルニットで第一人者に!

日本人のファッションって、どこかちょっとつまらないなと感じるのは私だけでしょうか・・ シンプルなファッションが似合うって最高なこと。 シンプルなファッションが結局一番素敵。 シンプルなファッションが似合う=中身がいい。 全部当たっていると思います。 全部素敵なことだと思います。 でも、ファッションってそれでいいのでしょうか。 お洒落が好き!ならちょっと冒険するのもアリなんじゃないかと。 ここ数年、カラフルなファッションがトレンドなことにはみなさんお気づきだと思います。 でもそのカラフルファッションには勇気がなくて挑戦できない!という人も多いかも。 気持ちはわかります。 シンプルなものの方が間違えることが少ないですからね。 カラフルなアイテムってひょっとすると間違った組み合わせをしてしまうかもしれないし。 それは避けたいじゃないですか。 でもそんなことを言っていると、おばあちゃんになった時にもシンプルなものしか着てなくて、 「おばあちゃんっぽい」って言われちゃうようなファッションしか着れなかったりするんです。 おばあちゃんになってもお洒落って言われたいなら、今からいろんなファッションを楽しむべきだと思います。 まずは一点だけでもカラフルなものを取り入れてみませんか? まずはカラフルなニットから・・・!!

  • by Litaly 編集部
  • 145

女性らしさを表現する象徴でもある”小さめバック”。パーティーなどお呼ばれイベントには”クラッチバック”でエレガントに

Litaly世代のみなさんであれば、1度や2度パーティーのようなイベントに行ったことがあるかもしれませんね。 みなさんは突然のパーティーの誘い、どんな装いでいきますか? とりあえずドレスを着るとして・・・ ハイヒールを合わせるとして・・・ 髪の毛はアップにしたり、巻いたりするとして・・ メイクもいつもよりちょっと頑張ってみたりして・・ バックは?? バックは何を持っていきましょうか。 さすがに仕事帰りのようなトートバックなどは持っていけませんね。 大きすぎるバックというのは、パーティーのような場所では邪魔になりかねません。 鬱陶しくてせっかくのパーティーが台無しになってしまうかもしれません。 それに、やっぱり女性らしいバックといえば小さめのもの。 体の大きさに合う合わない関係なく、パーティーにはできるだけ小柄なバックを持っていきたいですね。 中でもやっぱりパーティーらしくておすすめなのはクラッチバックです。 クラッチバックといっても、おじさんが持っているような大きめのクラッチではなく、 まるで宝石を持っているような小さくてキラキラとしているように見えるものなんかがパーティーにふさわしいでしょう。 お洒落な人がどんなパーティースタイルでどんなクラッチバックを持っているのか、気になりませんか??

  • by Litaly 編集部
  • 157

絶賛秋の紅葉シーズン到来中!!彼氏と見に行きたい日本の絶景をどんなコーデで行くのか、今からしっかり予習しましょう!

さあ、紅葉がピークの季節になってきました。 夏の緑緑している木々に囲まれている頃が懐かしいですね。 木々の緑と真っ青な海と空が大好きな人にとっては、その風景が変わるというのは、秋は寂しい季節なのかもしれません。 でも寂しがっていたって夏はまた1年待たないと来ませんから。 ただ落ち込んで1年待っててもつまらないじゃない。 秋もしっかり楽しんだもん勝ちですよ。 秋といえば紅葉です。 日本の四季というのは本当に美しいもの。 海外にはこんなにはっきりと四季が分かれている国というのはないと言われているので、日本は珍しいんです。 秋は特にいろんな日本特有の木々や草花が色を変える時期なので、赤や黄色に変化する風景を楽しむことができます。 今年は台風の影響で赤が強いと言われているので、去年よりも秋らしい風景をみることができるかもしれませんね。 紅葉を見に行くのに合わせて、温泉に行ったりするのもこの季節の醍醐味です。 紅葉や温泉旅行、あなたなら誰と一緒に行きますか? 落ち着いた旅行で一緒に行きたい!と思える人ほど、将来の伴侶かもしれませんよ。 ここは気になる男性とデートをおすすめ! そんな時のファッションをまとめてみました!

  • by Litaly 編集部
  • 130

夏が、暑さが、恋しくない??それならまだ泳げる(!?)沖縄の離島に行ってバカンス気分を楽しもう!

台風がやっと通り過ぎそうですね。 寒い日、雨の日が続いていましたが、やっと秋晴れを見れそうな雰囲気がしてきました。 でも楽しかった夏は終わり。 夏のレジャーは楽しめなくなります。 寂しいですね。 え?でも本当にそうですか? まだシュノーケリングだったり、ビーチで日向ぼっこ、できるんじゃないですか? それができるのは日本ならやっぱり沖縄。 今の季節ならまだ泳げるんだそうです。 まだ泳げるんだったら是非とも沖縄に行きたい! でも今回は沖縄の本島ではなく、離島にしましょう! 沖縄周辺にはたくさんの島があることは皆さんもご存知だと思います。 宮古島や石垣島は行ったことがある人も多いでしょう。 海の温度が冷たくっても、まだ空気が暖かいので、プールで泳ぐことも可能! バカンス気分を味わいませんか??

  • by Litaly 編集部
  • 165

実はモデルさんの中に着ている人が多い!?チェックスカートはコーデを難しくしない人気秋冬アイテム!

チェックのスカートと言ってもいろんな種類のものがありますね。 例えば ロング丈のものとか。 タイトスカートタイプ。 ミニスカートだったり。 色も様々。 巻きスカートも可愛いですね。 そしてモデルさんたちの中には、チェックスカートを履く人が多いとか?? 人気なんですよね。 とりわけ人気なのが、アシンメトリーになっていたり、何層かになっているのタイプ、ロング丈のタイプでボリューミーなもの。 こういった類のチェックスカートは結構お値段が張るもので、そう簡単に見つからないらしいのですが・・ でも身近にもチェックスカートはたくさんあります。 モデルさんたちのようにカッコよく私服を着こなしたいですよね。 皆さんもこの秋冬はチェックスカートデビューしてみませんか?? まずはあなたの好きなタイプのチェックスカートからトライしてみましょう!

  • by Litaly 編集部
  • 179

袖遊びで格上げするいまどきコーデ。ファーで季節感を認めたスリーブをまとって、一足先に冬スタイルも。

普段のコーデに何か物足りない。 そう感じるのは今のファッションの流行のせいかもしれません。 というのも、今はシンプルなファッションよりもどちらかというと派手なファッションが人気。 いわゆるアバンギャルドと言われているような、パッと目を引くようなスタイルなんです。 モデルさんたちがコレクションなどで着ているような服はさすがにリアルクローズに落とすのは難しいものが多かったりします。 でも、アイテムを一つ一つ見てみると、意外と使えそうなものも。 合わせ方によってはリアルクローズでも全然問題ないんですよね。 その中の一つが最近巷で流行しているファースリーブ。 ファースリーブというのは、その名の通り袖部分がファーになっているもの。 最近は袖に何かしらデザインがされているものが流行していますよね。 夏はフリル袖が大流行したのは記憶に新しいはずです。 というわけで、今回はファースリーブに着目してみましょう。

  • by Litaly 編集部
  • 168

インスタ映えも十分なファッションアイテム!エレガントで可愛い透け感がたまらない花柄レーシーワンピは甘辛に着こなしたい!

ちょっと前からよく見る花柄のワンピース。 ただの花柄のワンピースではないんですよね。 その多くは、シースルーだったり、レーシーだったり、薄手だったり・・・ そう、共通点は透け感です。 この透け感がフェアリー感があって素敵なんです。 とっても可愛いんですが、これだけで着てしまうとフェミニンすぎることも・・・ なので秋は甘辛に着こなすのがオススメです。 それにジャケットなどを合わせることで、温かさもゲットすることができますからね。 ということで、今回は花柄の透け感ワンピースをまとめます。 日本の芸能人にも愛用している人が多い花柄ワンピース。 夏に買ったワンピ、皆さんも持っているのではないでしょうか。 それ、来年の夏にしか着れないと思っていませんか?? しまうのはまだ早いです。 秋にも着れるポイントがあるので、チェックしてみましょう!

  • by Litaly 編集部
  • 171

マニッシュなスタイルに何かが足りない…その答えはハンサムな”ソフトハット”だけが握っているかも??

寒いからこそ被りたくなる帽子。 でもその役割は「防寒」だけではないですよね。 そもそも、帽子をかぶっている人ってお洒落に見えませんか? そう、帽子はとっておきのお洒落アイテムです。 ファッションアイテムの中でも投入するのが難しいと言われているほど。 中には最初から「自分は帽子が似合わないから」と諦めている人もいるかもしれませんね。 でも実は、あなたにも似合う帽子があるかもしれません。 物は試しです。 一度は帽子屋さんにいって様々な帽子を試して見ることをおすすめします。 その中でも今回は特に難しそうな・・ハットのコーデを。 海外のお洒落達人のスナップから勉強していきましょう。

  • by Litaly 編集部
  • 141

ラフでカジュアルで暖かなスタイルを作るには。ニットワンピースで満足すぎる秋の最高大人ルックに**

この季節重宝すること間違いなしなもの。 それはニットワンピースです。 一枚しか持っていない・・ いや、そもそも持っていない・・・ という人は超もったいない!! これほどこの季節にあると便利なものはありませんよ! ちょっと外に出なければならない用事が出来た時のカジュアルなニットワンピース。 彼とのデートに着ていきたい上質なニットワンピース。 体調が悪い時の職場の会議で楽チンだけど綺麗なニットワンピース・・・ などなど、様々なシチュエーションに合わせて使い分けをしたいニットワンピース。 Litalyでは何度もこのニットワンピースの記事を書いてきましたが、こんなに進めるのは理由がある。 これも何度もお伝えしてきていることかと想いますが、念のため。 ・とにかく楽チン。 ・それでいてお洒落 ・しかも女性らしい ・たまに色気がある こんなにメリットがあるんですよね。 ニットワンピ、やっぱり今年もほしいでしょう!

  • by Litaly 編集部
  • 156

「やっぱり」「絶対」”清さ”で”白シャツ”に勝るものはないでしょう!パンツに合わせて”デキ女”を演出する白シャツスタイル

あなたにとって、気持ちを「ビシッと」正してくれるようなファッションアイテムはありますか? それは人によって様々かもしれませんね。 ある人にとってはハイールかもしれません。 ハイヒールはコーデに緊張感をもたせてくれます。 また、ある人にとってはジャケットかもしれません。 もしかすると、ベルトという人もいるかもしれませんね。 そして多くの人が「白シャツ」と答えるのも事実でしょう。 白シャツといえば昔からビジネスシーンの中では当たり前とされてきた、レギュラーアイテムです。 新入社員が面接に行く時も、外回りの営業に行く時にも、白シャツをきていれば間違いないというところがありますよね。 これは日本特有の文化ではなく、比較的に全世界の共通点として珍しいことではないでしょうか。 そんな白シャツは、今ではカジュアルシーンでも重宝されるようになっています。 特にデニムと合わせたコーデなんかはもう定番ルックになりつつありますよね。 デニムのみならず、いろんなパンツに合わせてハンサムに決めたい気分・・・ というわけで、白シャツ×パンツにフォーカスしてみましょう!

  • by Litaly 編集部
  • 169

パンツスタイルの中に最大限の女性らしさを演出するなら?フェミニンに仕上げる秋のパンツコーデ♩

段々と寒くなってきましたね。 肌を出すのも辛くなってくるかもしれません。 そんな中でやっぱり安心なのはパンツスタイル。 暖かいし、気楽に動くことができます。 でも、フェミニンスタイルが好きな人にとっては、できるだけフェミニンにしたいという願望があるかと思います。 パンツでフェミニンに決めるのはなかなか大変だったりもしますよね。 それにデートなんかでも、今日はスカートは・・という日だって少しはフェミニンさが必要だったり。 ちょうどいい具合を作りたくなりますが・・ 大丈夫! パンツスタイルでもフェミニンに着こなせるコツはあります。 色味にこだわってみてたり、小物を使ってみたり。 様々な工夫をすることで、パンツスタイルでもしっかりと女性らしさを出すことができます。 海外のファッショニスタの中にも、上手にフェミニンなパンツスタイルをする人たちがたくさんいます。 そんな彼女たちをお手本にしてみるのもいいアイディア。 早速彼女たちのスナップを見てみましょう。

  • by Litaly 編集部
  • 160

今年は柔らか目の素材感がオススメ♩シルエットをスッキリ見せてくれる”ガールフレンドデニム”で魅せる大人の余裕

デニムはいつの時代もいつの季節も欲しくなるアイテムです。 シンプルなトップスにも派手なシューズにもフィットしてくれるデニム。 今シーズンだって、皆さんもお目当てのデニムがあるのではないでしょうか。 今ワイドデニムなんかが流行していますが・・ やっぱり定番で着まわせるデニムは欲しいですよね。 いくつあったっていいと思ってしまいます。 今おすすめしたいのは柔らかい素材のガールフレンドデニム。 気軽に着ることができて気持ちがいい。 気取らない大人な雰囲気を出すことができるし、スタイリッシュにコーデを決めてくれます。 ガールフレンドデニムという名前なだけあって、フェミニンなスタイルにもなれば、 ボーイフレンド感も入っているので、マニッシュに仕上げることも可能。 足元は今シーズン注目されているつっかけのようなスリッポンやミュールをオンして。 もう少し寒くなってくれば、ソックスブーツなんかもおすすめですね。 マニッシュなおじ靴もいいかも。 トップスはジャケットも捨て難いし、ニットもいいですね。 コーデを考えているだけでウキウキしてきます。

  • by Litaly 編集部
  • 155

最近目につく不思議な子…❤︎秋らしく部分的にプラスするファースタイルがお洒落女子たちの虜になっているらしい!

最近ショッピングに行くとよく見かけるようになった子がいませんか? ファーコートはまだ早いけれどファッションにファーを取り入れたい。 そんな要望に応えてくれる優しくって不思議な子です。 そう、今人気のポイントファーアイテムですね。 よく見かけるのはファースリーブのアイテム。 袖元がファーになっていて可愛いんですよね。 コートなどのアウターが要らない、今の時期だからこそ使えるアイテムでもあります。 それから足元のファーだったり、ポケットがファーになっているものもちょくちょく見かけます。 部分的にファーになっているからこそ魅力のあるアイテム。 今の時期だからこそ着こなしたいものです。 そんなポイントファーはどうやって使うのでしょうか。 海外のお洒落ファッショニスタたちのスナップから勉強してみましょう。 これであなたもポイントファーアイテムのマスターかも!??

  • by Litaly 編集部
  • 155

油断は禁物!お洒落にも気を遣わなくっちゃね。散歩コーデも「見られている」ことを意識して気を抜かない装いを

皆さんは何かペットを飼っていますか?? 最近は猫ブームだったりしますが・・・ でもでもやっぱり不動の人気ペットといえば犬ですよね。 夕方に川辺や公園に行くと、たくさんのかわいいわんちゃんたちがお散歩しています。 そう、猫はお散歩に連れて行かなくてもいいですが、犬はお散歩が必要です。 面倒臭いなんて思っちゃダメ。 むしろこのお散歩をどれだけ楽しいものにするかです。 犬のお散歩一つでも、ちゃんとおめかししていきたいもの。 家着のままお散歩なんて恥ずかしいかも・・・ 誰に見られているか、わかりませんよ。 犬のお散歩に行くにも、しっかりとお洒落をしている人って多いです。 もちろん、高級ホテルにお食事に行くような格好でお散歩に行った方がいい!と言っているわけではありません。 お散歩にはお散歩にふさわしいお洒落なコーデがあるはずです。 それは海外のお洒落お散歩家たちに学んで見るのがいいと思いませんか??

  • by Litaly 編集部
  • 162

インスタ映えすること間違い無し!一緒にとびっきりのお洒落をして完成させる今時の親子リンクコーデ♩

子どもができたら一度はやってみたい、憧れの親子リンクコーデ。 街で見かける親子がお揃いの服装をしていると、とても可愛ですよね。 なんだかこちらまで気持ちが暖かくなるような気がします。 そんな憧れの親子リンクコーデ、あなただってできなくないですよ。 どうせやるならとびきりお洒落にしてリンクさせたい。 周りから「かわいいな」「素敵な家族だな」と思われるようなリンクコーデにしたい。 「羨ましい」と思われるようなコーデを作るには何か秘密やポイント、コツがあるのでしょうか。 それは周りの人のリンクコーデを参考にすればわかることかもしれません。 いくつかのスナップをみて、参考にしてみてください。 あなたが抱えている問題を解決する糸口になるかもしれませんよね。 海外の親子リンクコーデのスナップもかわいいものが多いんです。 日本の親子のみならず、海外の親子も参考にして、コーデのレパートリーを増やして幅を広げてみましょう。

  • by Litaly 編集部
  • 177
Ranking