トップへ

ランキングへ

  • >
  • >
  • 今年の秋冬はバックが主役!?今から狙っておきたい”ステートメント”な超ド級のトレンドバックにロックオン!
2017年08月03日

今年の秋冬はバックが主役!?今から狙っておきたい”ステートメント”な超ド級のトレンドバックにロックオン!

  • 132

やっと8月になりましたねー。
夏本番です。
お盆ももう少しですね!
頭の中は海でいっぱい!?
海に何を着て行こうかなー、この水着を着るの楽しみだなー

ちょっとまって!
そんなことばっかり呑気に考えていると、あっという間に秋を迎えますよ!
そして秋になって「何を着ればいいんだろう」「今何がトレンドなのかわからない」
なんてことになってしまうかもしれません。
そんなダサい女子にはなりたくないですよね。

今からでもこの秋冬、「これだけは押さえておきたいアイテム」がわかったりするんです。
もうすでに2017AWのトレンドは発表されているわけですから。
流行カラーなんかも出ています。

その中でもLitalyが注目したいのが、バック。
バックひとつでコーデの印象がガラッと変わります。
特にLitaly世代の皆さんが気にする「気品」や「大人っぽさ」「重厚感」なんかがバックひとつでガラッとプラスされたり。

今年の秋冬は去年に引き続き、「ステートメント」なバックを持つべき!
コーデの主役になるくらいの「ハッとする」ようなバックをひとつ持つといいでしょう。
どんなものがあるのか、早速見てみましょう!

取っ手の形が変わってておしゃれ!

まずは取っ手の形がユニークなこちらのバック。
ゴールドの取っ手というだけでもかなりインパクトがありますが、
このシェイプはさらなる存在感を出していますよね。
シンプルな服でもこのバックならお洒落度が一気に上がること間違いなし。

フェイスバックもまだまだ人気!

表面が顔のように見えるフェイスバック。
FENDIなどの一流ブランドのものを筆頭に、とても人気のあるデザインですね。
このフェイスバックもまだまだ流行しそうです。
それにこれだけの存在感があれば、ステートメントバックと言えるでしょう。

マイクロサイズのバックも派手にして

マイクロミニサイズのバックもまだきてますね。
つい最近までは特にバックパックタイプが流行っていましたが、
今はまたクロスボディーやショルダー、ハンドバックなど、ちょっとフェミニンなものが来ているみたい。
最近は「女優コーデ」が注目されているみたいなので、皆さんも女優を意識したコーデをしてみて!?

アイコニックなバックはそれだけでテンションも上がる

アイコニックなバックって可愛いですよね。
特にキャラっぽい感じのバックは、乙女心をくすぐります。

どシンプルにTシャツやデニムを着ていても、こんなバックを合わせれば「あの人はお洒落な人なんだな」って
周りからもすぐにばれちゃうこと間違いなしです。

シンプルでも主張しているものが◎

何もカラフルだからいいと言っているわけではないんです。
いろんなカラーを使っているだけではなく・・・
例えばこんな感じでブラック一色のバックだって存在感抜群。

なんでかって、そのシェイプがポイント。
正直実用性は低そうだけど・・とにかくお洒落なデザインですよね。
同色でGUCCIのロゴが入っているところがまたかっこいい。

グリーンなどビビットなカラーで攻める

最後はこちらのグリーンのバックです。
今年の流行色のひとつでもあります。
グリーナリーという言葉が流行したほど。

そんなグリーンのバックは、秋口は明るめの色にしてみては!?
実はこの秋冬はアースカラーという色が来るのですが・・
そんなことは無視して、ド派手なビビットグリーンのバックを投入するのもお洒落よ。

この秋冬のトレンドバックのアイディアをご紹介しました。
着になるバック、ありましたか!?
これからの季節用に、今から品定めをしていきましょう!

関連記事

沙羅マリーさんの私服コーデをマネして♪周りと差がつくおしゃれコーデに!!♡

  • by yu@2児のhaha*
  • 770

まだ梅雨に入ったばかりだけど・・・急な天候変化にも対応する夏らしいお洒落なバックを今から持ちたい!

  • by Litaly 編集部
  • 140

オフィスにも旅行にも。機能的アイテムの代名詞”ロングカーディガン”でこなれた秋を

  • by Litaly 編集部
  • 290

皆大好き愛されキャラ”スヌーピー”。服やトートバッグまでコラボアイテムが可愛すぎる。

  • by アロマーナ
  • 349

シャツの首元からちらり!イチオシおしゃれネックレスの取り入れ方4選

  • by aoimayumi
  • 686

このまとめを書いたキュレーター

キュレーター写真

当記事に関して運営者に連絡する