トップへ

ランキングへ

  • >
  • >
  • ◯◯をして△△をすれば男性からの印象アップ!家に彼が来た時の好印象ポイントをマスターしよう!
2017年06月16日

◯◯をして△△をすれば男性からの印象アップ!家に彼が来た時の好印象ポイントをマスターしよう!

  • 51

ついに!ついにこの瞬間が来てしまった!!
憧れのあの人が、ついにうちに来る!
どうしよう・・どうすれば「引かれない」で済むかな・・
自分の部屋に変なものはないかな・・
欲を言えば、どうすれば彼に「好印象」を持ってもらえる部屋になるかな・・
どうすれば次に繋げられるかな・・

そんな不安を抱えている人集合です。
男性から見て「素敵な部屋だな」と思われるポイントを把握しておきましょう!!

みなさんもなんとなくわかっている部分はあると思います。
例えば、男性が好きな女性のタイプナンバーワン「清潔感がある人」。
これは部屋なんかに行ってしまうと、顕著に表れてしまうポイントですからね。
男性で「汚い子の方が好き」「汚い子の方が落ち着く」なんていう人は超稀ということを知っておきましょう。

その他にはどんなポイントがあるのでしょうか??
週末彼が来そうな人、今夜来ちゃいそうな人。
今ならまだ間に合いますよ!

水回りは清潔感が一番**

家の中の清潔感はどの場所だって大事!

でもその中でも一番大切なのは・・・
水回りでしょう。
とにかく水回りは清潔第一にしておいた方がいいです。

水回りというのは・・・
「トイレ」「洗面所」「お風呂」「キッチン」。

「お風呂はまあ見られないだろうからいっか」
とか、そんな甘い考え方も捨てて!!
今からでもしっかり磨いておきましょう。

ハンドクリームなど女子力の高いアイテムを見える位置に**

女性らしいアイテムは見えるところ、でもあまり主張しすぎないところ、に置いておくのがいいでしょう。

例えば洗面所のすぐ横にハンドクリーム。
「あー手を洗ったらすぐにハンドクリームをつけるんだな」と思わせたら、それだけで印象アップでしょう。
香りや清潔感、綺麗にすることを気にする女性なんだと思われます。

でもあまり大量にごちゃっと置くのはNGです。
あくまで「インテリア」として置くので、お気に入りのものを一つや二つだけにしてみましょう。

爽やかな気持ちのいい香りを**

お部屋のフレグランスも重要です。

ゴミの匂いなんかもってのほか。
トイレの匂いとか、ベッドのヨダレの匂い、洗濯が生乾きの匂いなんかは最悪。
こういった匂いを極力消すようにしましょう。

お部屋にフレグランスを巻くのもいいのですが、その前にまずは臭みを解消して。
そのあとにさっぱりとした爽やかな香りをまきましょう。

好みにもよりますが、男性は爽やかな香りの方が好むイメージ。

物はあまりない方がいい**

先ほどもいいましたが、「汚い家が好き」なんて人、そんなにいないと思った方がいい。
そんなポジティブさ、いりませんw

掃除ももちろんなのですが、最初から物をあまり置かないのもあり。
できるだけ「シンプルに」した方が、好印象のことが多いです。

シンプルにしていれば、物がたくさんあるよりも「綺麗」に見えます。

ゴミは片付けておく**

ゴミ箱のゴミは彼が来る前に片付けておくといいでしょう。

匂いの問題もあるし、ゴミを変に漁られるのも嫌ですよね。
メインのゴミ箱以外にも、排水溝だったり、トイレのゴミ箱など、至るところのゴミを排除します。
その方が清潔感もアップしますよ!
それに「几帳面なんだな」と思われることでしょう。

プラス+気配り上手に♩

部屋のこと以外にも・・
準備しておきたいことがあります。

それはあなたの心の準備。
男性は「清潔感がある人」が好きなのと同様に、「気遣いができる人」が好きです。

お家に遊びに行って気をかけてもらうと単純に「いい子だな」と思います。
家に来たらまずは「何か飲む?」とか気にかけることを意識しましょう。

いかがでしたか??
彼がもうすぐやってくる・・
そんなときのための心の準備、できましたでしょうか?

関連記事

猫系女子と上手に付き合うためにチェックしておきたい特徴4つ★★★

  • by タツキ
  • 827

別れの伝え方・・・メールで別れを告げるときのポイント4つ。

  • by タツキ
  • 300

告白する勇気が欲しい。そんな貴方を応援する使えるアドバイス4選

  • by さくらやねっと
  • 338

◯◯をして△△をすれば男性からの印象アップ!家に彼が来た時の好印象ポイントをマスターしよう!

  • by Litaly 編集部
  • 51

思いきって告白した人は必見!返事待ちにやってしまいがちなタブー4選

  • by あーる
  • 567

このまとめを書いたキュレーター

キュレーター写真

当記事に関して運営者に連絡する